【老犬トイレ失敗】犬のきもちも知ろう!失敗対策と臭い消す方法

老犬のトイレ失敗対策と老犬の気持ち 老犬のケア

こんにちは!

老犬出張トリマーのたかはしあゆみです。

 

いままで上手にトイレでおしっこ、うんち出来てたのに

失敗が増えてしまったり。

絨毯、畳でお漏らしするようになった。

など、老犬になるとトイレの失敗が増えてきますね。

 

失敗したとき、

若い頃の様に条件反射で怒ってしまった。

本当は、叱りたくなんかないのに。ごめん。。

でも、これからずっと失敗されたらどうしよ・・。

部屋中がおしっこだらけになっちゃうし。

 

と、お悩み1人で抱えてませんか?

 

今回は、【老犬のトイレ】問題

失敗の対策をしてみましょう!

失敗しても臭いを消せる方法も、お伝えしますね。

 

愛犬のきもちも、知ることでイライラしなくなり

怒ることもなくなると思います!

 

【老犬のトイレ失敗】

ずっとトイレシートで出来ていたのに、

最近、失敗する事が増えてきて、全然違う場所でおしっこしちゃって。

というように、老犬になるとよく聞くお悩みです。

 

老犬になると、様々な理由でトイレの失敗が増えてきてしまいます。

老犬のトイレ失敗

 

出来る時と!出来ない時がある!

という場合は、まだオムツはするのが可哀想で。

できるだけ!オムツは避けたい!と思ったりもしますよね。

 

私も、出来る限りオムツは使用せずに、愛犬がトイレを出来るうちは

サポートに徹してあげたいと考えています!

 

自ら考えて行動する事が!老化防止にもしっかり役立ちますからね!

 

まずは、老犬がトイレを失敗する原因を知っておきましょう。

 

【老犬のトイレ失敗】原因は?

老犬のトイレ失敗の、原因の1つには、筋力の低下が考えられます。

トイレの場所まで行こうと思って向かったけど

途中で出てしまった。

 

という場合があります。

 

このパターンは2つに分かれます。

  • 泌尿器系の低下
  • 足腰の低下

 

では、どうゆうことか

お話ししますね。老犬のトイレ失敗の原因

 

泌尿器系の低下

 

まだ足腰はしっかりしていて、歩けている犬の場合は気づきにくいですが、

泌尿器系が緩くなり、トイレまでたどり着けずに途中ででてしまう。

という事があります。

 

私たち人も、歳を重ねていくと『トイレに行きたい!』

と、感じてから我慢できる時間が短くなりませんか?

犬も、まったく同じなのです。

 

通常『トイレに行きたい!』と感じてからトイレ場所まで移動しますよね。

い頃は当然のようにトイレまで普通にたどり着けているけど

それが間に合わず、途中で出てしまうこともあるのです。

 

足腰の低下

足腰の低下により、トイレにいくまで時間がかかり、途中で出てしまう。

 

足腰の筋力が弱っている場合は、見た目にも分かりやすく気づくことができてあげると思います。

頑張ってトイレまで行こうとしたけど、なかなかたどり着けずに

出てしまった。という場合です。

【トイレ失敗した時】老犬のきもち

トイレ失敗した時の老犬のきもち

 

いままで、トイレシートやトイレ場所で出来ていた犬は

失敗することや、お漏らししてしまうことに、

 

犬自身も、ショックを受けているんです。

  • 『あぁ。。お漏らししちゃった』
  • 『トイレに向かったのに、たどり着けなかった。』
  • 『なんで、こんなところで出ちゃったんだろう。。』

などと感じ落ち込んでいるのです。

 

 

私たち人も、

もし老化や体調不良なのでお漏らししてしまったのを想像して見て下さい。

 

ものすごくショックですよね。

 

愛犬も同じ気持ちなのです。

 

なので、もし失敗してしまっても怒らないでほしいのです。

 

お漏らししたくて、する犬はいないのです。

愛犬は!毎日一生懸命トイレでしようと頑張ってくれています!

 

【トイレ失敗した時】飼主さんの対応

 

もし老犬がトイレを失敗しても、怒らないで上げて下さい!

 

老犬がトイレを失敗した時に

『あぁー!こんなところでお漏らししてー』

『絨毯に染み込んじゃうでしょー』

 

と、怒りたくなってしまう気持ちは。。分かります。

 

でも、もし怒ったとしても

犬は、なぜ怒られたのかがきっと分からないはずです。

だって、頑張ってトイレに向かったけど途中で出てしまっただけ。。

 

お漏らしをしてしまって自分もショックを受けているところに

さらに怒られてしまっては、ショックが倍になってしまいますよね。

 

あと、

飼主さん自身も、怒ってしまったあとに

きっと怒ってしまった。。と、後悔の気持ちが残ると思います。

 

ママも愛犬も、悲しい気持ちにならない為にも!

トイレを失敗しても!怒らない様にしていきましょう!

 

失敗しない対策を万全にして!愛犬のことを優しく見守ってサポートしていきましょうね。

【老犬のトイレ】失敗対策

老犬のトイレ失敗対策

 

様々な筋力の低下により、トイレまでたどり着けずお漏らししちゃう。。

頑張ってる愛犬に!私たち飼主も、その頑張りに応えてあげましょう!

 

いままで設置していトイレ場所を変えたり、

トイレ個所を増やしてあげたり

いろいろな工夫をして、トイレの失敗対策を考えていきましよ!

 

失敗を増やさず

成功を増やして

あげる生活環境を作り上げてあげていきましょう!

『ぼくは!トイレ上手く出来たぞ!!』と自信を持たせてあげましょうね。

 

この!自信を持たせてあげる!非常に大事なのです!

 

愛犬が、トイレまでたどり着けるようにLets’サポートです!

 

犬が眠る場所の近くにトイレを設置

眠る場所の近くに、トイレスペースを設置してみよう!

 

老犬になると幼犬と同じようになっていきます。

寝起きはおしっこがでるタイミングです。

 

起きてすぐに、トイレが出来るように

眠る場所の近くに、トイレスペースを設置してあげてみてください。

 

トイレ場所が変わって老犬が混乱しないように、

 

可能であれば、

  • いつもの場所に1つ。
  • 眠る場所の近くに、もう1つ。

と、してあげるがおすすめです。

 

部屋にトイレ個所を増やす

お部屋の中に、数か所トイレスペースを設置してあげる!

 

トイレに頑張って向かってるけど、途中でお漏らししちゃうのなら!

その途中場所にも、トイレスペースを作ってあげてみましょう。

 

お部屋の中は、少し変な感じになってしまうかもですが。。

愛する愛犬の為!作ってあげてみてください。

 

この場合も、

愛犬が混乱しないように、いつもの場所はそのまま残してあげることがベストです。

 

可能であれば、

  • いつもの場所に1つ。
  • 眠る場所の近くに、もう1つ。
  • いつもの場所と、眠る場所の間に、さらにもう1つ

と、してあげるのがおすすめです。

 

老犬と暮らす飼主さんたちのトイレ対策

老犬と暮らす飼主トイレ対策

出張トリミングのお仕事をしていると

沢山のお宅へお伺いさせていただきます。

 

老犬ちゃんと暮らしている飼主さんのお宅では、

リビングの半分は、トイレシーツを敷き詰めている方もいらっしゃいます。

 

そこまでシーツを拡大するならオムツでもいいのでは?

と、思った方もいると思いますが、

その飼主さまは、愛犬が自分の足でしっかり歩けるんだから!

オムツはさせないよ。自由にしてあげたい!

との想いでされています。

 

飼主さんの愛犬への愛情がひしひしと伝わってきますね。感激しちゃいます。

その老犬ちゃんは愛情をたっぷり受けて、伸び伸びと!自由に生活しています!

とっても幸せですね。私も幸せをお裾分けしていただいた気分です。

 

リビングの大半をトイレスペースに。

というのは極端な例かもしれませんが、愛する愛犬が歳をとって老犬になった時に

老犬が生活しやすい環境を作ってあげる!

ことが、家族の私たちができる大切なことではないでしょうか。

 

 

老犬おしっこ臭い消す方法

老犬のおしっこ消臭方法

 

お部屋の絨毯や畳など、

染み込む床系におしっこを漏らしてしまった時!

ショックですよねぇ。そこにしちゃったかぁー。って。

 

『トイレ頑張ってるもんね!仕方ない!うーんでも。臭いがぁ。。(泣)』

どうしても、臭いは気になりますよね。

 

おしっこの臭い消しにオススメ方法をご紹介します!

まず、おしっこはタオルなどですべて拭きとってから

 

おしっこの染み込んだ個所に重曹を撒きます。

だいたい半日ほど時間をおいてから掃除機で重曹を空いとってみてください!

 

臭いが取れてきれいになります。

是非!1度お試しを!

 

【老犬トイレ失敗】まとめ

 

いままで上手くできてた、トイレを失敗が多くなってくる愛犬の姿は

少し寂しく、ちょっぴり悲しく感じるかもしれません。

 

でも!トイレを失敗した愛犬もショックを抱え悲しい気持ちです。

 

失敗しても、怒らずに、

『大丈夫!次はちゃんとできるよ!』って応援の気持ちで

暖かい気持ちで包み、見守ってあげてくださいね。

 

きっとそんなママさんの気持ちに、応えようと頑張ってくれると思います。

『よーし!次は失敗しないぞー!!』って。

愛犬も!毎日頑張っているのです!

 

トイレを失敗するようになったことは

愛おしい大切な愛犬が、

本当にシニア期に入り、おじいちゃん。おばぁちゃん。になってきたという事です。

 

ちょっぴり寂しいけれど。。

可愛く小さなおじいちゃん。おばぁちゃんの誕生なのです。

 

もし、お漏らししちゃっても。失敗しちゃっても。

暖かい気持ちで包み、見守ってあげてくださいね。

 

老犬との毎日が、穏やかで優しい時間が流れますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました