老犬になったら食事の回数は?何回がいいの?食事の時間帯は?

食事

愛犬も歳をとると、成犬時に比べて1度に食べれる量が減ってきます。

成犬時は、1日2食だったのを、

老犬になったら1日3食や4食と回数を増やしてあげてください。

 

完食しないと、『食欲がないのかしら?』『もう、いらないの?』と感じますが

【食べない=食欲がない】イコールではない場合があるのです!

 

愛犬の気持ちを汲み取ってあげ、食事の回数を増やしていきましょう。

 

老犬(高齢犬)の食事の回数は?

 

老犬(高齢犬)の1日の食事の回数は

老犬(高齢犬)になってきたら、1日の食事回数を増やしましょう

 

愛犬も歳を取り、高齢期にはいり老犬になってくると、寂しいですが

人と同様に、沢山の量を一気に食べれなくなってきます。

 

食欲はあるけど、食べれない。という症状がでてきます。

 

消化機能も低下し、食べ物の消化するスピードも遅くなってきます。

すると、以前のように食に対しての興味も薄くなってきたりもします。

 

 

成犬時には、1日2食。というご家庭が多かったと思いますが、

1回の食事を残すようになってきたら、

 

1日分の摂取する食事の量を、数回に分けて1日かけて完食する

 

この事を!実施していきましょう。

 

では、老犬の食時は1日に、具体的には何回?あげればいいの?

ですよね。

 

次に、具体的にお話しますね。

 

老犬(高齢犬)の食時は1日何回?あげればいいの

老犬の食時は1日なん回?
1回の食事を残してしまう、老犬の食事回数は、
1日分の摂取量の食事を、1日3回~5回に分けあげましょう。
少しづつ、数回に分けてあげる事で、
1日分の摂取量の食事を、しっかり体に入れてあげる
ことを目指してあげてください。
食事の回数は、特に気にせずに大丈夫です!
愛犬の毎日の様子を観察して
まず3回からスタートしてみましょう。
3回で食べてくれればOKですし!
3回で食べきれない様であれば、
4回、5回、と回数を増やしていってみてください。
食べてくれる様に!一緒にがんばりましょっ!!
ここまでで、『回数は増やした方がいいんだ!』と
分かって新たな疑問が湧きますよね。
では、
老犬の食時の時間帯は?間隔は?
どうすればいいんだろう。
では続いて、その疑問についてお話しますね。

老犬の食時の時間帯は?食事の間隔はどれくらい?

老犬の食事回数を増やすと、新たな疑問の!
食事時間帯は?
食事の間隔はどれくらい?
ですよね。
こちらも決まりは特にまったくありません!
食事の時間帯
食事の時間帯は、愛犬が食べてくれる時間に何時でも大丈夫!
私たち人間と違い、夜中に食べたらいけない。などという事はないのです。
老犬は、『とにかく!食べてもらう!』が大事です!
食事の時間帯も、愛犬の様子をみて食べる時間を見つけてあげてくださいね。
食事の間隔
食事の間隔は、愛犬が食べてくれれば空けずにあげて大丈夫!
老犬になると偏食になるケースが多いですね。
食べてくれたり。食べてくれなかったり。。
食事をあげてみて、
まだ食べたそうにしていたら、次の分の食事もあげて大丈夫!です。
繰り返しになってしまいますが!
『とにかく!食べてもらう!』が大事ですからね。

老犬の食事回数と間隔の注意点2つ

老犬の食事回数と間隔の注意点

 

下記2つは!しっかり注意してあげてください!

  • 食事回数は、最低1日2回には分ける。
  • 間隔を空けずにあげると吐いてしまうときは、間隔を空ける。

 

食べてくれても、一気に沢山の量をあげることは、消化器官の負担になってしまいますので、

1日の食事回数は、最低2回には分けてあげましょう。

 

間隔をあまり空けずに食事をあげた際に、

 

『フードをそのまま吐いてしまう』という事があったときは

 

愛犬が食べたそうにしていても、

もう少し間隔を空けて食事をあげてくださいね。

 

 

老犬は消化機能が衰え始めてきます。

 

成犬時の以前の様にうまく消化できなくなってくるので

ご飯をあげた後は、しっかり様子を見てあげましょう。

 

老犬になったら食事の回数は?まとめ

老犬の食事回数でお悩みだったママさん。パパさん。
解決でてきていたら嬉しいです。
老犬の食事に決まりはありません!
犬はこうじゃなきゃいけない!
と、いうことも私はないと思っています。
犬という動物ではあるけれど、みんなそれぞれ性格も違う、育った環境も違う。
愛犬は、世界でたった1頭です。
愛犬の事は、ママさん。パパさん。が1番良く知っています。
このようなサイトを参考にして、愛犬への最善な食事を見つけてあげてください。
もし、何かのお役になれていたら嬉しいです!
愛犬が穏やかな老後過ごせるように、頑張っていきましょうね!!
たかはしあゆみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました